悩み別トレーニングポイント

悩み別にトレーニングポイントを見てみる♪

歌が上手くないといっても
「声が通らない」「裏声が出せない」「音程が取れない」など
人によりお悩みは様々です。

 

 

ちなみに私は・・・

悩み別トレーニングポイント

 

得意な曲はめちゃ上手く歌えるけど、他の曲は大幅に音が外れてしまいます!
自分でも音が外れているのは分かっているのですがどう直せばよいのやら・・・
カラオケで採点するとガクゼンとします?


 

 

今回はお悩み別にトレーニングポイントを見ていきましょう♪

 

 

 

 

声が小さい&声が通らない

 

[原因]

  • 吐く息に力がない。
  • 息は十分に出しているけど、息が漏れてしまう。

 

悩み別トレーニングポイント

  • 息を吐く力をつける。
  • 息漏れを少なくする。

 

 

トレーニングポイント

 

 

息を吐く力をつける

  1. ティッシュなど柔らかい紙を口から30cmほど離れたところに持ってくる。
  2. 息を強く吹きかける。

 

息漏れを少なくする

  1. 上記の「息を吐く力をつける」トレーニングで、強く息を吹きかけて紙を大きく揺らすことができてきたら、今度は息漏れを少なくするトレーニングに移ります。
  2. ハッキリと「あ」の口を作り、息を止める。
  3. 低めの地声で「あ〜〜〜」と声をだす。

 

十分に声が出るようになるまでトレーニングしましょう。

 

 

高い声がでない

 

[原因]

  • 地声を高い音まで押し上げすぎ
  • そのため、喉が詰まってしまう

 

悩み別トレーニングポイント

  • まず裏声で高音を楽に出せるようにする。
  • それから、地声と混ぜる。

 

トレーニングポイント

 

腹式呼吸で準備運動

  1. 10〜15秒、鼻で息を吸う。(口で吸ってはダメ!)
  2. 3秒ぐらい息を止める。
  3. 今度は口から息を「す〜」とゆっくりと吐く。

 

裏声の高音

  1. 腹式呼吸を使い、裏声で「ホッホッホ」とおなかから声をだす
  2. そのあと裏声で「ウーウーウー」と声をだす
  3. 地声と裏声をミックスさせる

 

10回を1セットとして、1日3セット頑張ってみて♪

 

 

裏声の練習をするのにおススメなのは「もののけ姫」。
音程も難しくないので私がよく口ずさんで練習していました^^


 

 

低い声がでない

 

[原因]

  • 筋肉が弱い

 

悩み別トレーニングポイント

  • 筋肉を鍛える。
  • 息漏れしないようにする。

 

トレーニングポイント

 

地声の筋肉を鍛える

  1. ハッキリと「あ」の口をし息を止める。
  2. 低めの地声で「アーー」と声をだす。

 

 

筋トレはやりすぎると喉を傷めるのでほどほどにね♪

 

 

声が続かない!すぐ苦しくなる

 

[原因]

  • 声門の閉鎖が不十分で息が漏れている

 

悩み別トレーニングポイント

  • 息漏れしないようにする。

 

トレーニングポイント

 

地声を鍛える

  1. ハッキリとした「あ」の口をする。
  2. 息を止める。
  3. 低めの地声で「アーーー」と出す。

 

 

十分に息が続くようになるまで続けてね♪

 

 

裏声と地声の使い分けができない

 

[原因]

  • 裏声と地声で使う筋肉はそれぞれ異なります。切り替えができないのが原因です。

 

悩み別トレーニングポイント

  • それぞれの主役の筋肉を鍛える。

 

トレーニングポイント

 

裏声が出ない場合

  1. 大きめに口を「ほ」にする。
  2. その状態から頬を膨らまさずに息だけはく。
  3. 同じ口の形のまま「ホーーー」と遠吠えをする。(できるだけ裏声で高い声で)

 

 

地声が出ない場合

  1. ハッキリした「あ」の口を作る。
  2. 息を止める。
  3. 低い地声で「アーーー」と声を出す

 

裏声は「ほ」。地声は「あ」。使っている筋肉がそれぞれ違うんですね♪

 

 

裏声と地声の変わり目で音程がとれない

 

[原因]

  • 裏声と地声の変わり目で筋肉運動のバランスが崩れる。

 

悩み別トレーニングポイント

  • 二つの音を上手くミックスさせる。

 

 

裏声がたよりない

 

[原因]

  • 地声より筋肉が弱い。

 

悩み別トレーニングポイント

  • 使い慣れる。

 

トレーニングポイント

 

裏声が弱い

  1. 大きめに口を「ほ」にする。
  2. その状態から頬を膨らまさずに息だけはく。
  3. 同じ口の形のまま裏声で「ウォォーー」と遠吠えをする。(できるだけ高い声で)

 

 

地声が出ない場合

  1. ハッキリした「あ」の口を作る。
  2. 息を止める。
  3. 低い地声で「アーーー」と声を出す

 

遠吠え。ご近所迷惑にならないよにね♪

 

 

鼻が詰まったみたいな声になる

 

[原因]

  • 鼻から息が漏れている。

 

悩み別トレーニングポイント

  • 本人は響いていると感じているが実は勘違い。
  • 周りの人は無表情で変な音に感じているよ。

 

トレーニングポイント

 

鼻づまりみたいな声を改善

  1. 「あ」と「え」の中間音をだす。ポイントは「あ」の口をして「え」という
  2. 声を遠くに出す感じで前に発音する。
  3. それが出来たら音を切らずに「アー」「エー」を続ける

 

 

英語の発音ににてるね♪

 

 

声がこもる

 

[原因]

  • 舌が喉をふさいでしまっています。

 

悩み別トレーニングポイント

  • 張り切りすぎない。
  • 力を入れない。

 

トレーニングポイント

 

こもらない声を作る

  1. 舌の先端を下の歯の裏に軽くつける。
  2. 口をほとんど開けないで裏声をだす。(腹話術みたいに)
  3. ハッキリと「アイウエオ」と発音する
  4. 少しずつ音を下げながら繰り返し「アイウエオ」と発音する
  5. 裏声で初めて、次に地声で同じように繰り返す

 

 

一通りやって歌ってみたらはっきりとした発音ができている♪歌だけでなく滑舌のトレーニングにも良いですよ。

 

悩み別トレーニングポイント

 

わたしは日常からおそらくこもった声だと思います。いつも「えっ?」って聞き返されてしまうんです・・・なのでこのトレーニング、歌以外でも助かってます。


 

 

言葉や音によって上手く発音できない

 

[原因]

  • 母音によって歌いにくい。「あ」「い」などの口の開け方が大げさすぎの場合が多い。

 

悩み別トレーニングポイント

  • 口を動かしすぎない。

 

トレーニングポイント

 

上手く発音するには

  1. 口を大きく開けない。
  2. 大げさに動かさない

 

 

口を大きく開けすぎても「歌う筋肉」の運動を妨げる原因になってしまうんですね!!

 

 

 

 

悩み別トレーニングポイント