歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる♪

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる

 

 

 

喋る声に抑揚がない
「えっ?」とよく聞き返される
騒音の中で声が届きにくい
しゃべる声が暗い
甲高いキーキー声
大きい声で喋ると喉がかすれる
声は大きいが言葉がはっきりしない
声に雑音が入る
場に合わせたボリューム調整ができない

 

 

以前の私は・・・

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる

 

歌だけでなく喋る声も実は自身がありませんでした。
「えっ?」とよく聞き返される事が多く、また、大きな声でしゃべると喉が痛くなったりしてました・・・


 

 

 

実は「しゃべる」筋肉は共通している!

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる

 

歌う筋肉としゃべる筋肉は使う筋肉が共通しているそうです。
歌はリズムなどをつけたり、高音や低音など音域を変えたりしますが、
喋る際には、その人がもつ音域全体の4分の1ぐらいしか使っていません。

 

喋る筋肉は歌うときと比べると
音楽に合わせてタイミングよく声を大きくしたり小さくしたり、低くしたり高くしたり
することはありませんので、歌う時よりは少し楽かも。

 

なので、歌の筋肉を鍛えれば、
喋る筋肉も一石二鳥で鍛えられる!

 

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる

相手に理解されると自信がでてきます!
人と話すの億劫だったのですが最近は自分から積極的に話しかけたりしています

 

声がこもっていた私の場合でも

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる

 

私の場合は、歌の為のボイストレーニングをしたおかげで
お腹から声を出せるようになり、
今までは喉で喋っていたせいか、
大きな声で喋ると喉がかすれ痛くなっていました。

 

また、聞き取りにくかった声も、
最近では第一声から相手に理解していただけるようになりました。
(以前は「えっ?」と聞き返されていたので・・・)

 

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる

歌の筋肉を鍛えることで、
きれいな声、聴きやすい声が鍛えられている。

 

 

 


 

↓↓3000人以上が学んだ『魔法のフレーズ』で音痴を克服する方法↓↓

歌の筋肉を鍛えるとしゃべる筋肉も鍛えられる